« 戦果報告(2007.10.1現在) | トップページ | 時を刻む女神たち »

2007年10月 5日 (金)

大証、中国株連動のETF上場!

ついに海外株式ETFが日本で初めて上場されます!

大証、中国株価連動のETF上場(NIKKEI NET)

上海株式指数・上証50連動型上場投資信託の有価証券届出書(PDFファイル)

そしてなんと、これも待ち望んでいた国内小型株のETFも同時に上場されることになりました!

ラッセル野村小型コア・インデックス連動型上場投資信託の有価証券届出書(PDFファイル)

気になるそれぞれのファンドの信託報酬でありますが、「上海株式指数・上証50連動ETF」が0.9975%、「ラッセル野村小型コア・インデックス連動ETF」が0.525%とETFとしてはちょっと高いかな?という気がしないではないのですが、それでもこれまで国内で販売されている中国株や国内小型株の投信に比べると、ほぼ半分くらいの料率になっているわけですから、今回の上場はとりあえず「歓迎」してもいいのではないかと思います。

先日、野村アセットマネジメントが「NEXT FUNDS」というETFの新ブランドを発表(野村アセットマネジメント、ETFの新しいブランドを発表)したばかりですが、矢継ぎ早に投入してきましたね~。

私としてはあとは欧米の株価指数に連動するETFを上場してくれれば、もう言うことなしなんで、野村アセットマネジメントさん、大証さん、大いに期待してますよ~!

|

« 戦果報告(2007.10.1現在) | トップページ | 時を刻む女神たち »

コメント

FX会社のランキングサイトです。よかったら見てください。
http://www.txtwoool.com/

投稿: FX ランキング | 2008年8月19日 (火) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大証、中国株連動のETF上場!:

» 中国株 [中国株投資市場【ABH株】比較…儲かる中国株取引情報]
中国株の投資市場。A株B株H株の比較や儲かる中国株取引情報を掲載。3種類の中国株があります。「H株」「レッドチップ」「その他香港株」です。この市場は、香港ドルが通貨になっております。上海市場は、国民向けの上海A株と外国人向けの上海B株があります。日本人が投資するにはB株だけで米ドル建てで取引です。深セン市場も深センA株とB株に分かれていて外国人はB株だけの投資や取引で香港ドル建てになります... [続きを読む]

受信: 2007年10月 5日 (金) 19時05分

» 大証が中国株式ETF を10/23に上場させます [カン・チュンドの 投資のゴマはこう開け!]
こんにちは、 インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。 本日(10/5)の日経新聞からです。 大阪証券取引所が 上海証券取引所の主要50社からなる 指数【上証50指数】との連動を目指すETF を 10月23... [続きを読む]

受信: 2007年10月 6日 (土) 15時32分

» 200万円からはじめて2年5ヶ月で資産1億3587万達成! ミリオネアFX []
700人限定、遂に公開! FX取引で3000万円以上の損失をだし、 仕事と家族を失った長谷川淳一39歳が、 わずか2年5ヶ月で1億円以上の資産を手にいれ、 年間5000万円以上の利益を荒稼ぎしている秘密・・・ 年ベースで過去1度も負けたことがない、 あるシンプルな売買ルールを使って、 自宅でマウスをクリックしているだけで、 一流芸能人並みのリッチな生活を送っている。 ...... [続きを読む]

受信: 2007年10月13日 (土) 15時23分

» 上位20は中国株式型一色に [中国株]
モーニングスターが評価対象としている追加型の株式投資信託2326本のうち、純資産額が10億円以上のファンドを対象として、9月末までの過去6カ月間におけるトータルリターンのランキングをみた。 この間の東京株式市場の動きは、米国のサブプライムローン問題による信用収縮不安や円高による外需関連株の不調などから大幅に下落する展開で、TOPIXは5.66%の下落となった。一方、米国株式市場ではダウ工業株30種平均指数が12.48%上昇した。 このような環境において、トータルリターンの...... [続きを読む]

受信: 2007年10月13日 (土) 16時13分

» 中国株の種類とお得度 [株式投資の基本]
中国株には幾つかの種類があります。同じ中国株幾つかの種類に分けられていて種類によ... [続きを読む]

受信: 2007年10月18日 (木) 12時46分

« 戦果報告(2007.10.1現在) | トップページ | 時を刻む女神たち »